毛が濃い私がとった行動

アンダーヘアの悩みというのは、友人や家族などにも相談しにくいものです。
私の場合、毛が濃いことが悩みでした。
カミソリを使い自分でお手入れをしてもチクチクと手触りが良くなかったり、すぐにまた生えてきてまた剃って生えての繰り返しなのです。
少しでも生えてくるまでの期間を延ばすために痛みを堪えて毛抜きで抜いた事もありました。
そうするとたまに皮膚の中に毛が埋もれてしまう事があるのです。そうなると厄介です。
見た目が悪いのは当然のこと、運が悪ければアンダーヘア周りに炎症が起きてしまうのです。
皮膚を破って毛を出してみたり、炎症を抑える為に軟膏薬を塗ってみたり、毛の処理どころではなくなってしまいます。
しかもその炎症を繰り返すと皮膚の色素沈着まで起こってしまうという最悪の事態となってしまうのです。

私は子供の頃から無駄毛が多いことがコンプレックスでした。
中学時代からカミソリ・毛抜きは必需品で、毎日自己処理を繰り返していました。
大人になるとアンダーヘアの悩みも追加され、無駄毛処理の時間と労力がとても無駄なものに感じてきます。
毛が生えてくるまでの期間を延ばすために痛みを堪えて毛抜きで1本ずつ抜いていたこともあります。
毛抜きを使うと毛が皮膚の中に埋もれてしまう事がよくありました。見た目が悪く、たまに炎症も起きてしまいます。
大人になったら永久脱毛をしたい!と子供の頃から考えていました。
20歳を過ぎて自分でお金を稼ぐようになって、すぐに全身の脱毛をしました。
それからは毛の処理や埋もれ毛とは無縁です。